www.jesustsunami.com

FXに関しての面白さは、単独の投資商品であるにもかかわらず投資期間を短・中・長の3つの中からいずれをセレクトするかにより、投入の方策がまるっきり異なってくるというところにあるのです。1番目に外貨に対して投入する「長い時間をかけるスタンス」に関して考えましょう。長期の投資というのは一年以上の長期出資を想定しているのです。基本的に為替のレートで一年以上先の為替の相場がが円高だろうか、ないし円安であるかを予言するのは、ほとんどの場合苦難なはずです。通常なら「そんなに後の状況のことは予想できない」と思うのが実際のところでしょう。未知なのに頭を悩ませて予想しようと思ったところでそれは無駄なものです。そんなわけで、他の貨幣を買ったと仮定して、そのタイミングでの価値よりも円高になってしまってもその損失分は近いうちに円安になるはずだという気楽な感覚でやり取りに向き合う必要があります。差益を懸命に大きくするばかりでなく、別の方法での儲け要するにスワップ金利で利益を上げるということを最初の望みにして投資してみましょう。当然ちょっとの間で為替の差損に損失がかなり膨らむことがあります。よって差損が大きくなっても問題ないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限に売買することが重要です。FX(外国為替証拠金取引)は、損失がある範囲を上回って増大すると追い証を出さなければならなくなったりそれともストップロスを置く必要があります。ストップロス(ロスカット)がかかったら、すぐに取引を清算する必要があり長期取引が難しくなります。こういう危険を避けるには、レバレッジ2?3倍くらいでトレードするのが安心です。2番目に中期の場合のトレードについてです。中期スタンスの場合は、一番長くても2ヶ月程後々を予測してのトレードになります。為替トレードの時は、約1ヶ月ほど先のことはおおかた、先読みしやすいな場合が多いでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような国際集まりとか為替の市場で取引している人たちがどんなことに注目しているのかを見てみればだいたい見通しがきくと思います。ファンダメンタルズを見ながらも、グラフをチェックすることによって為替相場の状態を把握できるようになり、トレードを見極めるといいと思います。基本的にファンダメンタルズとジャッジのどちらも良い方向でありあるいは買い傾向が同じ時はだいだいそのまま動いていくと思って良いです。そこで保有高を増やすとより多額の利益を得られるに違いありません。3つ目に短期トレードのコツ。ここでの短期トレードが指しているのは、言い換えればデイトレーディングのことを示しています。為替市場でデイトレードをする時、ファンダメンタルズは絶対に絡んでいないと言い切れます。次の日の為替のレートの動きに、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は影響しないからです。ここで、重要ポイントは大規模なイベントがある時、それが影響して相場がかなり変化する機会を見逃さないよう行動することです。たとえば、アメリカにおいて雇用情勢が公表される、もしくは金利政策等により金利が変動するような催し。こうしたタイミングに変動を見逃してはいけないという意味合いで、短期スタンスは多種の知識が必要となる。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jesustsunami.com All Rights Reserved.