www.jesustsunami.com

現実にノートPCの前で止まることなく変動している相場を見てしまうと理由無く注文をするという欲求が沸き起こる人も多いです。だがしかし、ぼんやりした思いつきでトレードすることは間違ってもしてはいけません確かに、外国為替相場は24時間、どこかで為替相場が開かれているし、相場も休みなく、変化しています。しかしながら、闇雲に売り買いをしているとその分損をする危険が増します。言うまでもなく、エントリーの数を経験することによってトータルで勝つ確率が半々になるのは事実。でもその事は「明確でない直感で売り買い」することとは話が違います。エントリー回数を増やす意味というのは自分が「ここは!」と考え付いた勝算を持ったうえでの売り買いの回数を積むという事を意味します。ただ何となく、のべつ幕なし取引を積み重ねるのとは全く異なります。相場の勝負に臨むには、白分で意識してけじめをつけることが大事だ。「ここだ!」と思い至った市場の時には迷うことなくポジションを積み増して、積極的に利益を追い求めます。「何となく分かりにくい外国為替相場で、どうなるか思いつかないな」と感じた時は、諦めて所有ポジションをひとつ残らず諦めて黙っています。これくらいのけじめがあったほうがエントリーは儲けられます。市場の格言には「休むも相場」というものがある。まさに言葉どおりだと感じます。外国為替相場とは常時ポジションを持っていることが重要ではなくどのポジションも持たないでじっと待っている事も場合によっては、相場です。では、どういう時に休めばよいのだろうか。最初に言われるのが前述の通り、今の市場が具体的によく見えない時。これから高くなるのか安くなるのか見通せない時は考え無しで行動すると、自分自身の考えた脚本とは逆の方向に市場が動いてしまい、損してしまいます。だから、こういう場合はポジションを諦めそのまま何もしないで様子をみるのが最良の選択です。もうひとつは、己の健康状態がすぐれない時です。体の具合と外国為替相場に関係がない感じる投資家もいるだろうが。実はかなり関係があります。体調があまりよくなければ外国為替相場の大少な状況で正しい決断ができない。気乗りがしない時は、マーケットから目をそらす事も肝心な事です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jesustsunami.com All Rights Reserved.