www.jesustsunami.com

為替介入(外国為替市場介入)というのは耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌、グーグル等の報道記事で見かけた人もたくさんいるでしょう。元来為替介入(外国為替市場介入)は日本においては、◯財務大臣が為替のレートの安定性を実現するために行なう措置ということで見なされています。簡潔に言うと、極端な円高・円安の際に財務大臣の用命により日本銀行が円を売り買いして為替のレートを安定させるといったものです。為替介入(外国為替市場介入)は方法が何通りかあるのです。1.単独介入・・・行政機関・日本銀行が、東京での市場の中で自分から市場に参加し外国為替市場介入(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の通貨当局が協議したうえで、各銀行などが金を用いみんなそろってもしくは引き続いて為替介入を行なう。3.委託介入・・・外国の通貨当局に向けて介入の実施を任せる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の通貨当局の代わりに外国為替市場介入(為替介入)を実施する。このような種類があるのです。どの種類の為替の介入も一時、または継続して為替市場に多大な影響を与えるのです。外国為替市場介入(為替介入)の金額はやはり国の威信をかけて行なうのですからスケールが大きいです。円を元にして考えると、普通は少しだけ動く円レートが大きく動きをします。個人の投資家の方ならば今までに体験していると推測できますが、これまでスムーズに含み資産(もしくは損失)が増えているポジションを維持していたにもかかわらず、そのポジションが決済したと連絡が業者からEメールが。どの程度利益が出たのかな(損したのかな)?と思いながら決済の報告を見たところ見込んでいたのとは正反対の状態になってしまい度肝を抜かれたとの例があります。介入が実施された際によくあることなのです。為替介入を行うと市場の動向と逆の変化をすることがわかりました。変化する金の幅はかなり大幅に変動しますので注意が必要です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jesustsunami.com All Rights Reserved.