車取引が決定した場合でも即任意保険の契約

簡単に言えば、任意保険という保険は強制保険である自賠責保険とは異なり、自賠責保険ではカバーされない補償が可能になる大切なものです。

これは任意保険のポイントは自賠責保険の上乗せ保険として機能しますので自賠責保険の支払い能力を上回った時に機能します。

さらに自賠責保険だけでは物に対する損害については補償が受けられないのでそこまで補う際には入っておくのがいいと思います。

もう任意保険の保険料を払っている愛車を乗り換える時は、日本の自動車もしくは海外の車などことは関係なく残っているお金が戻ってきます。

国産車を処分する場合でも同じことが言えます。

自賠責保険普通は入ったままにしておくのが常識ですが任意保険の場合、全ての人が加入するものではないですから、キャンセルということになります。

それで任意保険を契約解除した後は、既に 支払っている返戻金が返還されるのです。

車取引が決定した場合でも即任意保険の契約を解約するという選択肢はリスキーです。

当たり前ですが即キャンセルしてしまえばそれだけ返還されるお金は多くなりますがもしも自動車買取店が離れた地域にあるため、自分で乗っていくような際は任意保険なしで自動車の運転をしなければなりません。

万が一のリスクを考慮して今後運転をしないという状況にするまでは契約のキャンセルの手続きはすることがないようにしてください。

車を買い取ってもらって、すぐに他のクルマを買う場合だったら構わないのですが、もし長い間乗らない状態が続いて任意保険の必要がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない期間が存在する場合、以前入っていた時の保険の等級が下がってしまい、保険料の額が増額されます。

このような時であれば「中断証明書」というものを提示してもらうようにする必要があります。

この「中断証明書」を使えば、最長10年は解約前の等級を引き継いで加入することができるのです。

それから13ヶ月以内は発行することができますから仮に既にクルマを売却済みで、「中断証明書」という書類を提示してもらっていない状況でしたらその代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。

もしも新しく車を購入してそれから前に持っていたクルマを買い取り依頼する場合は、任意保険の契約は片方のみになります。

保険の変更になりますから、運転しなければならないクルマでしたら引き取りまで注意が必要です。

また、任意保険というのは自動車の種類によって金額が少し変化してくるので、自動車売却時は任意保険を見直す良いタイミングといえます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jesustsunami.com All Rights Reserved.