マイナスが生じます

よくある初心者用の外為取引の教科書では、「マイナスになった状況ではナンピン買いをして、全体の平均のコストを小さくする事が出来る」と書かれているが、現実的にはこれは相当の落とし穴が潜んでいます。秘密の通学電車

まず最初に、ナンピン買いの方法について簡単に述べます。ラポマイン購入体験してみました

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。ビフィーナ

ドル買いだからドル高に向うほど黒字が出ますが、思い通りに行かず95円まで円高ドル安が進んでしまった。http://darinaclown.blogspot.jp/

このままの状態で維持し続けたとしたら、プラスになるためには円高になった分円安ドル高に進む必要があります。美容

みんな、赤字は出来るだけ早く取り戻したい願うでしょう。施工後トラブル 保障 賠償保険

これを解決するためはじめに売り買いしたのと同じだけの$を1ドルを95円で買い増しする。亜麻仁油 アトピー

それによって、ポジションの平均の買い付け価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。

言い換えると、2.50円の幅でドル高が進めば、マイナスを失くせます。

これが、ナンピンのロジックだ。

ナンピン買いの方法を目にすると「もっともだ」と考えたりするが、相場は簡単には思った通りにはなりません。

もとより、1ドル95円が下値だということなど誰にも分かるわけがありません。

もしも、市場がかなりの円高動向であるならば1ドル=95円ではとまらずより一層ドル安に向う可能性が高くなります。

97円50銭でナンピン買いをしたにもかかわらず、95円まで円高が進んだらナンピン買いした分にも、マイナスが生じます。

こういう状態では最初に取引したドルと一緒にダブルで損を被ることになります。

それゆえ、ナンピンは厄介です。

ならば、外国為替市場が自分自身の台本とは反対にみるみる進む場合どんな対応で危機を管理すればいいのでしょうか。

そういう時には取るべき対策は2つ。

まずはじめはあきらめてポジションを閉じる事です。

もうひとつの選択肢としてはその時点で、自分か所有しているポジションを小さくする事によって、もう一度相場が戻るのをじっと待つ事です。

相当受動的なやり方だとおっしゃる人もいます。

しかし、自分の買いポジションに為替差損が生まれた時、妥当な手段はこれよりいいものは考えられません。

無論、理論としてはナンピン買いをしてみる考え方も効果的です。

けれどもナンピン買いは自分が損失を披っている場面にもかかわらず、買いポジションを小さくするどころか、買いポジションを積み重ねていく考え方です。

この手法では、リスクを避けることなどどこをどうやっても無理だ察するべきです。

ナンピン買いをしていけばいつの日にか損失が回復するかもしれません。

だが、そうなる前に投資資金は不足してしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jesustsunami.com All Rights Reserved.