例としてあげると

「スプレッド」とはFXは通貨を取引して差益を狙う投資です。みんカラ Kingdom15

取引の値はいつも上下しています。黒にんにく効果

それが為替です。サントリーのDHA・EPAお試し体験談

テレビのニュースをみていると、ドル円やユーロ円の為替のニュースが流れる時があります。エクラシャルム

例としてあげると、「本のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。Miss.CoCoの口コミ情報はこちら!!

これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表現しています。美容

すなわち、FXには買値と売値の両方の値段があるという事です。すっぽん小町

売値のことをビット、買値の事をアスクと表示するFX取引会社も存在しています。イエウール

いつもは売値のほうが買値よりも小さく決定されています。ライザップ 心斎橋店

買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。タイ国際結婚

その差分をスプレッドといい、取引会社の稼ぎのひとつといわれています。

スプレッドの差はFX業者によって変わります。

スプレッド幅は投資家にとって支出となるので、小さい取引会社を選んだほうが得です。

ただし、場面に応じてスプレッドは変動します。

仮定として通常は円とドルの組合せで1銭のスプレッド幅でも、市場の変化がかなり大きいケースでは3銭、4銭になったりするのです。

という事で、スプレッドが狭いのと共に、変化しないのが必要です。

近頃では固定したスプレッドの広さを提示するFX取引会社もいろいろ存在します。

実際にFX会社の売り買い画面の中で為替相場を調べなければわからないのでわずらわしいですが不可欠な事です。

貴重な財産を投入して取引をするのですから注文の前に興味を持ったFX業者の口座開設をいくつもして、示されているスプレッドの差を見ておきましょう。

同じ通貨の組合せその時点の為替の変動率(ボラティリティ)によって、スプレッド幅は変わります。

普通は、インターバンク市場で流動性の高い通貨ではスプレッド幅が小さく残りの外貨では広くなるのが一般的です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jesustsunami.com All Rights Reserved.