白分で主体的に緩急をつけることが必要です

コンピュータの画面の前に座り、休むことなく上下動している為替レートを見てしまうと、どことなく売買をせずにはいられなくなる衝動に突き動かされる方も少なくないと思います。為替

だけど、不明瞭な思いで注文することは、決してしてはいけません。鵺は愛しい僕の犬

知っての通り、外国為替市場は24時間、休みなくいずれかの国の外国為替市場は開かれているし為替レートもいかなる時でも変化しています。健康食品

しかし、考え無しに売り買いを積んでいくとそれだけで損をする確率が高くなってしまいます。スキンケア

もちろん、エントリーの数を積む事でじょじょに勝つ確率が50%、50%になるのは事実。健康食品

しかしこの事実は「はっきりしない感覚で売買」とは話が異なります。スキンケア

エントリー回数を積み重ねるということは自分で「ここは勝てる」と思える勝算を持った状態での注文回数を増やすという事です。健康食品

ただ、のべつ幕なしトレードをするのとははっきりと異なります。銀行系カードローンの特徴

マーケットの戦いに負けないためには、白分で主体的に緩急をつけることが必要です。エンジェルホワイトパーフェクトソープ

「ここがチャンス」と思った為替相場の時には、保持ポジションを増やして意識して利益を追求します。スキンケア

「かなり悩ましい外国為替市場で、どう動くのか思いつかないな」と考えた時は、売買ポジションをひとつ残さず諦めて静観します。

それぐらいの緩急をつけた方が、最後に売買はうまくいきます。

相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

実にその通りだと思います。

為替とは、常時ポジションを保持する事が全部ではなくどの売買ポジションも保有せず静観していることも、外国為替相場です。

それならば、いつ、休む必要があるのでしょうか。

ひとつは、前述の通り、これから先の市場がしっかりと理解できない時です。

これから上がるのか下がるのか明確でない時は、何も考えず行動すると、自身で作り上げたシナリオとは逆の方向に市場が変動してしまい損する事になってしまいます。

そのため、そういう場合はポジションを諦めそのまま静観を決め込むのが最良の選択です。

次に、あなた自身の体調がすぐれない時。

体の具合と市場に関係ないと考える投資家もいるでしょうが実は意外に影響を与えます。

体の具合が思わしくなければ相場の大切な状況で、冷静な判断を下すことができない。

興味がわかない時は相場から目をそらす事も肝心な事です。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.jesustsunami.com All Rights Reserved.